5月5日こどもの日、鯉が龍になる・・・

今日は、こどもの日です。
鯉を川に渡してゆらゆらと・・・

そんな光景を見ました。

鯉が川を上り、

やがて龍になる・・・

そんな神話を聞いたことあります。

そう、お寺で聞いたのです。
人間が何かを目指すように、
鯉も龍に転じるように川を上っていくという。
何かを目指すって、人それぞれですよね。

ところがお寺では違うのです。
ただ、一点、極楽浄土を目指すのです。
人間の目的は全てそうだというのです。

では、極楽浄土とはどんなところなんでしょうか?
極楽浄土とは、極めて楽な浄らかな世界と
いうことですね。

その世界では、あなたもわたしもなく、
差もなく、争いもないから、
つまり、何もない世界なのです。

人間は、「差」を感じるから、
憂い、悲しみ、不安になり、恐怖を感じるのです。

その「差」がなければ、そういった感情もない。
ということになります。

いろんな感情の中で、苦しみの最も厄介な元が
「執着心」と言われます。

その「執着心」をなくすことは不可能です。
しかし、その努力することはどうやら必要なようです。

その言葉をわかりやすく
断捨離という言葉にしてくれた人がいます。
その行為としては、物を片付ける、捨てるなどの
行為です。

しかし、先ほどもお話したように、
「執着心」をなくすことはできません。

つまり、憂い、悲しみ、不安、恐怖などの感情は
絶対になくならないのですが、

なくさなくてもいいのです。
なくすことに焦点を当てず、共に生きることが
必要なのです。

そのお話を東京でしようと思います。
「ストップ!その断捨離の方法では運氣はアップできません」

〜まだ、誰もきづいていないメソッド公開〜

http://ex-pa.jp/item/7023/s13130

日本では1400年前、世界では2500年前にすでに
明かされたメソッド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です