あなたの心を塗り替える

東京☆塗り壁物語☆親子体験&インタビュー

東京のあるお宅で、

塗り壁をさせてもらいました。
昨日は、朝から奥さんが、話しかけて
くれて、どうして、塗り壁をすることに
なったのかを教えてくれた。

ご主人か入院されていて、

退院後は、ホコリやカビなどのある空間が
ダメだということで、ベル興産さんに
相談されたとのこと。
当初は、ジュータンをフローリングに
貼り替える工事と、ビニールクロスを
貼り替える工事を考えていたようだが、
ベル興産の鈴木社長が、
絶対、空気が良くなるから、塗り壁が
良いよ!って、ススメてくれたそうです。
聞いても、「塗り壁?、何?」って感じで、
化石サンゴやら、空気が良くなるやら、
聞いてもイメージが出来ない。
そんな感じだったって。
でも、そこまで、言うなら、任せよう。
そう思ったんだって。
それって大事だよね。任せるっていう信頼。
もちろん、もともと人間関係が良好に出来て
いるからこそだけど、それでも新しいもの、
知らないものは、不安がよぎるもの。
最後は、任せるしかないし、それが正解。
後は野となれ山となれだ。

それで、塗り壁を少しでも自分で

塗ったらいいよー!って話した。
ちょうど息子さんもいたから、
2人でやりたい!ってことになって体験。
鈴木社長がススメてくれて、僕がこうして、
塗りにこれたのも偶然ではない。ラッキーだし、
必要な人のところに来るんだ!僕の話を聞いて、
本当に喜んでくれたから、自分の家を自分で
塗ったらさらに良いんだよ!
自分の家を自分で手がける!これ最高!

ということで手でも塗ってもらった。

手でも塗れる、そして、手で塗ると、
セラピーになる(^^)

お二人は、実感できたようだ。

お二人が体験された様子と、
感想をインタビューしたのでご覧あれ(^^)

あなたの心も癒される(^^)
毎日、あなたの心を塗り替え隊は、
元気になる言葉を贈ります。
上記をクリックして登録か、
@nurikaetai
をコピペして検索、登録してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です